footer
Organic express 天然素材の寝具 自遊人 温泉倶楽部 雑誌「自遊人」 会社概要
おかげさまで創業23周年 自遊人


自遊人 2007年1月号

日本の宿グランプリ


作家・文化人、人気宿の主人ら50人が選んだ全156軒。広告料は一切受け取っていません!

日本に宿は沢山ありますが、そのなかで本当に「いい宿」を選ぶのは本当にむずかしいものです。
一緒に行く人、旅の目的、予算、宿に求めるもの……。今回の特集では50人の方にそれぞれの価値観で好きな宿を推薦してもらい、 それをランキングにしてみました。
「料理」「温泉」「風情・ロケーション」「接客」「コストパフォーマンス」5つの項目で評価してくれています。           

価格
780円
配送に関するご注意
雑誌の配送は、通常の宅配便とメール便とがお選びいただけます。
・メール便でのご注文の場合、送料は1冊につき150円頂戴いたします。ポスト投函でのお届けとなりますので、代金引換でのお支払いはご利用いただけません。
・宅配便でのご注文の場合は、こちらの送料表をご参照ください。一部の商品との同梱も可能です。


記念日に泊まりたい「日本の名宿」

1泊2万円以上の宿に泊まるということは交通費を含めて2人で5万円以上。
これはけっこうな金額です。 しかも貴重な休日に出かけるのだから「しまった!」では済みませんよね。
そこで50人に聞いた2万円以上の宿、記念日に泊まりたい「日本の名宿」ランキング。
年に一度の贅沢に、失敗しない宿、教えます。

季節ごとに訪れたい「1万円代の定宿」


春は新緑、夏は避暑、秋は紅葉、冬は雪見……。
美味しいものも春夏秋冬あるから季節ごとに旅に出たくなるのは当然のこと。でも毎回、高級旅館というのも飽きるしそもそも低価格の宿のほうが意外と居心地がよかったりするものです。
そこで1万円台の宿をご紹介。
様々な宿から自分好みの一軒を探してください。

え? 来年9月まで満室?
予約が取れない宿・覆面宿泊記(もちろん自腹!)


今、もっとも予約が取れない宿といえば『箱根吟遊』と『月のうさぎ』の2軒。 この2軒を取材ではなくプライベートで訪ねてみました。
果たしてその結果は……!?

私の宿選び、その基準


今回は作家・文化人15名に宿の推薦をしてもらい、さらに宿選びについてエッセイを執筆していただいたり、インタビューに応えて頂きました。 人それぞれの視点で見た「名宿」の価値感や、実際に宿泊したときのエピソードなどが語られています。

連載


〈連載 第12回〉 地球交響曲────高橋大輔
〈連載 第24回〉 本物の「食」────森枝卓士
〈連載 第17回〉 ニッポンありゃまあお祭り紀行────椎名誠
〈連載 第30回〉 そば喰い道楽漫遊記────みなみらんぼう
〈連載 第29回〉 雲散霧消の瞬間────白籏史朗

footer