footer
Organic express 天然素材の寝具 自遊人 温泉倶楽部 雑誌「自遊人」 会社概要
おかげさまで創業23周年 自遊人


自遊人 2010年1月号

「わざわざ行きたい美味しい店。料理×地方」

わざわざ行きたい美味しい店。料理×地方
『ミシュランガイド』東京版に続き京都・大阪版も発行され、都市部の星付き料理店に注目が集まっています。しかし! 実はいま、見逃せないのが地方の動き。感度の高い料理人やシェフが地方に目を向け、地方ならではの特性を活かした名店が登場しています。

価格
680円
配送に関するご注意
雑誌の配送は、通常の宅配便とメール便とがお選びいただけます。
・メール便でのご注文の場合、送料は1冊につき150円頂戴いたします。ポスト投函でのお届けとなりますので、代金引換でのお支払いはご利用いただけません。
・宅配便でのご注文の場合は、こちらの送料表をご参照ください。一部の商品との同梱も可能です。


地方にあっても全国区 わざわざ行きたい美味しい店。


わざわざ行きたい美味しい店。料理×地方 。『ミシュランガイド』 東京版に続き京都・大阪版も発行され、都市部の星付き料理店に注目が集まっています。 しかし! 実はいま、見逃せないのが地方の動き。 感度の高い料理人やシェフが地方に目を向け、地方ならではの特性を活かした名店が登場しています。
古今 青柳【徳島県・鳴門市】/アル・ケッチャーノ【山形県・鶴岡市】

山本益博選  地方にある本当に美味しい店


「わざわざ足を伸ばして行く価値のある地方の美味しい店を教えていただけませんか?」という編集部からの問いに、 「地方の食材を大切にして、その店でしか味わえないものをもっている。ご主人も魅力的な素晴らしいお店をご推薦しましょう」 と山本益博さんが教えてくれた地方にある本当に美味しい店の数々。さてさて、その魅力とは? “地方の名店”とも呼ぶべき“本当に美味しい店”をじ〜っくりご紹介します。
──山本益博【料理評論家】

早川光選 旨い! 地方鮨


“地方の鮨屋”と聞くと、思い浮かぶのは、港町、威勢のよい主人、味よりも風情重視、そんなイメージではないでしょうか。 確かにそんな時代もありましたが、今や地方鮨は大進化。実は東京より旨い江戸前鮨の店も登場したりして……。 「鮨は東京」な〜んて思い込みはもう古い!? 進化、変革する“地方鮨”最前線をご紹介します。
──早川光【著述家・漫画原作者】

地方だから、畑も、養鶏も、ハムやチーズづくりも……。
なんでも作っちゃうシェフが増えてます


“地方だからこそ”できる畑での野菜づくり、生ハムやチーズ、アンチョビなど加工食材を手作りしたり、あるいは卵用のニワトリを 飼ったり……。
注目すべき若い世代の「何でもつくっちゃう」シェフをご紹介します。
アルフィオーレ[宮城・仙台市]/オステリア エノテカ ダ・サスィーノ[青森・弘前市]/オーベルジュ・エスポワール[長野・茅野市]/ア ンティカ・オステリア・トト[福岡・福岡市]/ヴィラアイーダ[和歌山・岩出市]

「えっ? なんでそんなところで?」というシェフの店。


いまどき、パリのどこそこで修行しました、なんて経歴のシェフはごまんといます。だから、「こんな経歴のシェフが、こんな場所 で?」なんてレストランも、そんなに珍しいわけじゃないのですが、今回ご紹介する4軒はいずれも、本当に「スゴい」シェフたちのお店 です。
──門上武司【フードコラムニスト】

農園レストラン新時代


地方で開業した多くのシェフが自分で食材を作るように“地方ならでは”を突き詰めていくと農園レストランにたどりつきます。 しかも最近増えてきたのは単なる“農家の食事処”ではなく、コンセプトが明確なレベルの高いお店なんです。
ヴィラデスト ガーデンファームアンドワイナリー[長野県・東御市]/イルポルト[長野県・茅野市]/イタリアンダイニング茜[兵庫県・篠 山市]/愚為庵[千葉県・御宿町]
【保存版】全国の農園レストランガイド38

料理×地方。私の知っている地方の名店。


■ついでがあれば、ではなく、その店のために、わざわざ出かけたくなるかどうか。
──森枝卓士【フォトジャーナリスト】
■旅先ならではの贅沢。お取り寄せでは味わえない美味を“出掛け食い”
──柏井壽【歯科医師・エッセイスト】
■志のある料理人がいて、地元色と味とのバランスがほどよい店がベストです
──さとなお【広告会社勤務】
■“5分ルール”なき幸せ。地方レストランでの食事は時間をかけて楽しみたい
──犬養裕美子【レストランジャーナリスト】

旅に出るならこの一足
快適な“超軽量シューズ”がおすすめ


「うわ、軽いっ!」。撮影時、靴を手にした時のカメラマンI氏の第一声だ。 チヨダのこの商品は「チョーカル」というネーミングの通り、一般的な成人男性の靴約450g(25・5㎝)の約1/2以下、片足約180gという軽さを実現した超軽量シューズ。ぜひこの快適さをお試しあれ!

もっと詳しく知りたい方はこちらから!

好評連載中!


〈大好評!連載第6回〉 覆面取材 料理旅館の常識を大きく変えた宿
〈大好評!連載第10回〉 百年食堂────椎名誠

■お詫びと訂正■


(1)自遊人1月号「わざわざ行きたい美味しい店。料理×地方」75ページ『ベネッセハウス テラスレストラン』の記事中に誤りがありました。新屋信幸シェフのプロフィールに「有名3つ星店『ピエール・ガニエール』でシェフとなり、同店の日本出店時にも料理長をつとめる」とありますが、正しくは『ピエール・ガニエール』の日本出店時に「副料理長をつとめる」でした。

(2)自遊人1月号「わざわざ行きたい美味しい店。料理×地方」51ページ『調味料×地方』の記事中に誤りがありました。地図中でかけろまきび酢が「沖縄県」になっていますが、正しくは「奄美大島」でした。

(3)自遊人1月号「わざわざ行きたい美味しい店。料理×地方」48ページ『漬け物×地方』の記事中に誤りがありました。「すんき漬け500円(350g)」とありますが、正しくは「500円(300g)」でした。

(4)自遊人1月号「わざわざ行きたい美味しい店。料理×地方」43ページ『幸寿司』の記事中に誤りがありました。化学調味料の項目に「使用しておらず、調味料にも含まれていない」とありますが、正しくは「使用しないが、(一部)調味料に含まれている」でした。また、同ページ内のメニュー表記に「『はなにぎり』3,150円〜赤貝、イカなど握り12カンに、サービスで一品料理の穴子焼きとタラバカニ汁などが付く。」とありますが、正しくは、赤貝、イカ、穴子焼きは別注で、おまかせには含まれません。また、『はなにぎり』は10カンで3,150円となります。

(5)自遊人1月号「わざわざ行きたい美味しい店。料理×地方」35ページ『レストランキッズ』の定休日が水曜となっていますが、正しくは火曜でした。

読者の皆様、関係者の皆様にご迷惑をお掛け致しましたことをお詫び申し上げます。

footer