自遊「人」紹介

主婦の目線を活かして、細部まで行き届くサービスを。

里山十帖 プレゼンター鈴木いずみ

photo:Shuhei Tonami
text:Yu Ikedo

 

地元は新潟県長岡市で、ビジネス系の専門学校を卒業後に機械メーカーに就職。10年ほど勤務した後、結婚を期に退職し、夫の住む南魚沼市に引っ越してきました。子供は3人。少しずつ手が離れてはきましたが、まだまだ子供中心の生活スタイルです。もともと冬に夫の両親が経営していたスキーの民宿を手伝っていたのですが、冬季以外も働ける場所を探している時に、義父を通じて紹介してもらったのが、里山十帖でした。子供が学校に行っている空いた時間を使ってルーム清掃ならできるかなと思って入社をしたのですが、だんだんと朝食のサービスやチェックアウト対応までと業務が広がり、現在に至ります。平日休日問わずにシフト希望を反映してもらえるので学校行事に参加できること、また冬季勤務が不可という条件も受け入れてもらえ、とても働きやすく、ありがたく思っています。

ルーム清掃では、主婦の目線が活かせていると感じています。家でも普段から人が使ったものの片付けをやっていると、普通の人には見えないところにも目が届くようになっている自分に気がつきます。特に気をつけているのは、前のお客様が居た形跡をひとつも残さないこと。シーツのシワなどもそうですし、ポットやカップの置き方一つとっても、誰かが使った形跡って分かるじゃないですか。気持ちよく宿泊していただくための大前提として、まずはしっかりと清掃された部屋があること。そのために常に厳しい目線でチェックするようにしています。細かいところに気がつけるかどうかは、得意不得意があると思います。一緒に働くメンバーによってその目線に違いもありますが、お互いがいい所を活かしあって、チームでお客様に素敵な体験をしていただければと思っています。

お客様に「どの季節が一番おすすめですか?」と聞かれることがあり、一瞬返答に戸惑ってしまいます。なぜなら、すべておすすめだからです。食事はもちろんですが、一歩外へ出れば目の前にあるのは自然のみ。季節ごとに趣が異なり、それは通勤のほんの少しの間でも垣間見ることができます。深呼吸をすると、毎朝子供たちを学校へ送り出すまでの慌ただしさが消えていくように感じますね。そんな体験をお客様にもしていただいて、帰られる際「来てよかった。」「また来ます。」など言っていただけた時に、この宿を気に入ってもらえたのだと、里山十帖の一員としてとてもうれしく思います。それと同時に、さらに気を引き締め仕事に取り組まなければと感じています。

Profile

鈴木いずみIzumi Suzuki

2014年入社/新潟県長岡市出身

1976年生まれ。情報ビジネス系の専門学校卒業後、長岡市内の工業機械関係の企業に就職。結婚を機に南魚沼市へ籍を置き、冬場のみ夫の両親が営んでいた民宿を手伝う。育児が落ち着きだしたころパートタイマーとして「里山十帖」に勤務。清掃のリーダーとして活躍しながら、朝食サービス、チェックイン・チェックアウトなど多岐にわたり活躍の場を広げている。

関連記事

メニューの開閉

私たちのこと

募集中のしごと募集中のしごと

Pick Up

閉じる

私たちのことWHAT WE ARE...

OUR
PHILOSOPHY

「豊かな暮らしの価値観は、変わっていく。」
いちはやく着眼した私たちは、地方移住や食のあり方の提案を通じて、自らが実践しながら『リアルメディア』という形で、社会にメッセージを発信してきた。

食の安全、持続可能性、地方創生。
世の中は、確かに私たちの提案してきたあり方に近づいてきた。

口で言うのは簡単。
でも実現するのは想像以上に難しく、超える壁の多い挑戦だ。
自然に囲まれて心は豊かになっても、きれいな水と空気だけでは生きていけない。
お金が回らなければ、経済も死んでしまう。
けれど、不可能を可能にして、モデルを示すのが私たちの存在意義。

当然、理想だけ、アイディアだけでは突破はできない。
「自分たちにしかできないことはなにか。」
絞り込み、研ぎ澄ませ、小さな突破口を見つけ、全力で切り開く。
ありたい姿が、ビジネスとして成立する道筋を模索してきた。

編集プロダクションからはじまり、雑誌「自遊人」の立ち上げ・制作で培った創造力と編集力。
「里山十帖」など、社運をかけた大きな資金調達や投資を成功させてきた事業計画力と推進力。
「箱根本箱」の企画・運営から学び得た各所連携の調整力と、時に起こる停滞を打破する牽引力。

このクリエイティブ×ビジネスマインドを武器に、地方を主役にして経済圏を成立させる。
金銭基準ではない豊かな暮らしを実現するために、途方もなく高い目標を掲げ、日々試行錯誤している。

そして今、この難題を実現するために必要なのは、何よりも、人の力。
ともに目標を追い続けていくための仲間だ。

地方から、革命を起こしていかないか。
簡単にできないことだからこそ、おもしろい。

私たちがやろうとしているのは、この国の「生き方の未来」をつくる仕事だ。

チームクリエーションで、
地方から革命を起こす。

こんな人を
求めています

ここに紹介するのは、私たちが日々大切にしている、思考・行動の指針です。すなわち採用における人材要件とも言えます。自遊人を、自遊人たらしめるための十の約束事。もちろんすべてを持ち合わせている方は多くないでしょう。けれど、共感できる、こうありたい、成長したい。そう思っていただけるあなたと一緒に働きたいと思っています。

自遊人十条
  • 世の中に無いものを、つくる。
  • プレゼンテーション力を磨く。
  • 非常識に、チャンスを見出す。
  • 編集で二律背反を融合させる。
  • 自ら考えてベストを選択する。
  • まず動いて、それから考える。
  • 責任と戦略を持ち自由にやる。
  • 本質的で品ある行動に徹する。
  • 社会実現の先に、自己実現を。
  • チームの力で、社会を変える。