自遊「人」紹介

自遊人は、社会を変える。その時、欠かせない一員であるために。

プランニングディレクター 安達千晶

photo:Shuhei Tonami
text:Yu Ikedo

 

「このまま普通に就職して良いのかな」。就職活動も終わり、京都の実家で田んぼ作業の手伝いをしながらふと、自分の進路について改めて向き合ったことがすべての始まりでした。ホテルの結婚式場でアルバイトをした経験から、いつしか接客業がやりたいと思うように。あるホテルから内定をいただきましたが、ホテル以外になにか得られるものがある職場はないものか。漠然とした想いを抱えている時に雑誌で見つけたのが里山十帖です。素敵な旅館だな。何やら出版社がやっているらしい。なんと本社が新潟にある。惹かれるポイントがたくさんあり、募集をしているかどうかも知らないままにいきなり電話で問い合わせ。意欲を買っていただけたのか、幸いにも選考を受け付けてもらえ、無事入社に至りました。

新規プロジェクトの企画・進行、雪国A級グルメ活動、コールセンター業務、イベントの企画や調整など…現在担当している仕事を一言で説明するのは難しいところです。ある意味自遊人らしいのですが、ひとつ言えるのは年齢関係なく大きな仕事を任せてもらっていることです。20代で新規事業のプロジェクトマネージャーなど、めったにない経験をさせてもらっています。また、岩佐のアシスタントとしていろんな場に出させてもらうのですが、出会う人はどこかの雑誌やテレビで見たことのあるすごい人たちばかり。なかなか得られない学びの日々です。だからこそ、学ぶばかりではなく成長しなければと身が引き締まります。多面的、複合的な動きを求められるため、問題は山積みですが、経験を積んで、周りにも助けてもらいながら、乗り越えて…と着実に成長している実感があり、この会社を選んで間違いなかったなと今改めて思っています。

自遊人の理念はすごく共感できる人も多いと思いますが、ここに簡単な挑戦はありません。2004年、急にみんなで南魚沼に引っ越したり、引き続き雑誌社をやりながら、既存の旅館とまったく違うコンセプトの宿を立ち上げたり。常識を覆すことばかりなので、実現には相当な努力を要します。世界観をつくり上げるために緻密に汗をかく。東京でやっても大変なことを新潟でやろうとしているので、田舎で東京よりもバリバリ動くというか。だからこそ、憧れだけではなく自分が今やっている業務を、社会的意義ややりがいにどう繋げていくかが大切だと思っています。自遊人は人を惹きつける個性を持った人の集まり。その中で一人ひとりが最大限パフォーマンスに集中できるような環境を整えたり、手が足りなくなった時に痒いところまで手が届くような人材になりたいと思っています。

Profile

安達千晶Chiaki Andatsu

2015年入社/京都府福知山市出身

1991年生まれ。都留文科大学卒業後、新卒で自遊人に入社。「里山十帖」所属。クリンネス(客室清掃)マネージャーを担当後、イベント運営や広報を任される。幅広い視野と業務遂行能力を買われ、2018年からは里山十帖の業務に加えて、岩佐のアシスタント業務を開始。現在は新規施設の開業、新事業の立ち上げ、ローカル・ガストロノミー協会の運営など様々な業務に携わっている。

関連記事

メニューの開閉

私たちのこと

募集中のしごと募集中のしごと

Pick Up

閉じる

私たちのことWHAT WE ARE...

OUR
PHILOSOPHY

「豊かな暮らしの価値観は、変わっていく。」
いちはやく着眼した私たちは、地方移住や食のあり方の提案を通じて、自らが実践しながら『リアルメディア』という形で、社会にメッセージを発信してきた。

食の安全、持続可能性、地方創生。
世の中は、確かに私たちの提案してきたあり方に近づいてきた。

口で言うのは簡単。
でも実現するのは想像以上に難しく、超える壁の多い挑戦だ。
自然に囲まれて心は豊かになっても、きれいな水と空気だけでは生きていけない。
お金が回らなければ、経済も死んでしまう。
けれど、不可能を可能にして、モデルを示すのが私たちの存在意義。

当然、理想だけ、アイディアだけでは突破はできない。
「自分たちにしかできないことはなにか。」
絞り込み、研ぎ澄ませ、小さな突破口を見つけ、全力で切り開く。
ありたい姿が、ビジネスとして成立する道筋を模索してきた。

編集プロダクションからはじまり、雑誌「自遊人」の立ち上げ・制作で培った創造力と編集力。
「里山十帖」など、社運をかけた大きな資金調達や投資を成功させてきた事業計画力と推進力。
「箱根本箱」の企画・運営から学び得た各所連携の調整力と、時に起こる停滞を打破する牽引力。

このクリエイティブ×ビジネスマインドを武器に、地方を主役にして経済圏を成立させる。
金銭基準ではない豊かな暮らしを実現するために、途方もなく高い目標を掲げ、日々試行錯誤している。

そして今、この難題を実現するために必要なのは、何よりも、人の力。
ともに目標を追い続けていくための仲間だ。

地方から、革命を起こしていかないか。
簡単にできないことだからこそ、おもしろい。

私たちがやろうとしているのは、この国の「生き方の未来」をつくる仕事だ。

チームクリエーションで、
地方から革命を起こす。

こんな人を
求めています

ここに紹介するのは、私たちが日々大切にしている、思考・行動の指針です。すなわち採用における人材要件とも言えます。自遊人を、自遊人たらしめるための十の約束事。もちろんすべてを持ち合わせている方は多くないでしょう。けれど、共感できる、こうありたい、成長したい。そう思っていただけるあなたと一緒に働きたいと思っています。

自遊人十条
  • 世の中に無いものを、つくる。
  • プレゼンテーション力を磨く。
  • 非常識に、チャンスを見出す。
  • 編集で二律背反を融合させる。
  • 自ら考えてベストを選択する。
  • まず動いて、それから考える。
  • 責任と戦略を持ち自由にやる。
  • 本質的で品ある行動に徹する。
  • 社会実現の先に、自己実現を。
  • チームの力で、社会を変える。